BBクリームとCCクリームの違いって?

03

まずBBクリームのBBとは “Blemish(傷、シミ、吹き出物)Balm(香膏)”の略。つまり傷やシミを保護するクリーム、という意味から名付けられています。

次にCCクリームのCCとは、“Color(色)Control(制御)”や “Complete(完璧な) Correction(補正)”、“Color(色)Condition(状態)”などの意味から採られています(ネーミングの由来はブランドによって異なります)。

そして両者のこの名前の違いは、クリームにどのような効果を最も求めているのか、という目的の違いにつながります。

つまり、BBクリームとは

1:傷やシミなど肌の気になる欠点を保護・補修する。
2:肌に近い色を塗ることで、視覚的にも欠点をカバー(見えなく)する。

CCクリームとは、

1:顔全体の色を(光や色で)補正する。
2:肌の欠点を周囲の肌となじませて、視覚的にカモフラージュ(偽装)する。

というように、視覚効果に違いがあるのです。

ただし両クリームとも化粧下地+美容効果を持っており、ファンデーションとしての役割だけではなくスキンケア・アイテムとしても用いられます。特にCCクリームはBBクリームと比べるとカバー力が劣るため、ファンデーション前のカラーコントロール・ベースとして使用されることが多くなります。

シミや毛穴、ニキビ跡などお肌トラブルが気になる方は、しっかりと隠してくれるBBクリームを、わずかな赤みなどの色ムラを整えたい方は、ナチュラルに色補正をしてくれるCCクリームを……といった所でしょうか。