最近よく聞くノンケミカルってなに??

08

コスメが大好きな方もそれほどでもない方も、最近よく「オーガニック」や「ノンケミカル」といった言葉を耳にしませんか? 

ここでは「ノンケミカル」についてご説明しますね。

「ケミカル(chemical)=化学薬品、化学物質」から、「ノンケミカル(non-chemical)=化学物質が入っていない」という意味になります。ではコスメにおける「化学物質が全く入っていない」って、可能なの?

答えはノーです。

つまり、「全く、完全に」化学物質が入っていないコスメは技術的にありえないのです。また、植物性由来のものだけが安心・安全かというとそうではない、ということも添えておきます。どうしてもイメージとして「植物性」と聞くとお肌に優しそうですが、実際は自然界においても毒となるものは多いですよね。ですから化学物質がすべてダメ、植物性がすべてOK、というわけではありません。

ノンケミカルに話を戻すと……

たとえば、日焼け止めにノンケミカルが謳われているものは、「紫外線吸収剤」が含まれていない、という意味。では紫外線吸収剤とはなに?

簡単にいうと紫外線吸収剤とは、紫外線を受けるとそれを取り込んで化学反応を与え、熱などに変えて外に放出させるというもの。紫外線カットと化粧品の品質保持のために、紫外線吸収剤は役立つのです(ちなみに紫外線吸収剤の分子は化学反応中に壊れてしまうため、日焼け止めはこまめに塗り直さなくてはいけません)。

ですが紫外線吸収剤の化学反応により、人によってはお肌に合わないと刺激を感じてしまうこともあります。さらに発がん性についても一部問題視されています。

そこで「ノンケミカル」な日焼け止めの登場。
これは紫外線吸収剤のかわりに、紫外線散乱剤が使われています。紫外線散乱剤は紫外線を跳ね返してお肌に到達させないため、紫外線吸収剤のような化学反応による刺激が少ないのです。

ですから最近では、紫外線吸収剤よりも紫外線散乱剤を使用した「ノンケミカルの日焼け止め」が多く出ています。敏感肌の方はできる限りリスクを避けたいですから、当然ノンケミカルのほうを選びたいですよね。

ですが最後に注意したいのは、「ノンケミカルを謳っている」=「化学物質は入っていないから、お肌にやさしい」とすぐに思い込まないこと。なぜなら他の、お肌によろしくない成分はちゃっかり配合されていることもあり得るのです。ですから敏感肌さんは購入前に成分表示を確認して、自分のお肌は自分でちゃんと守ってくださいね!