実はかなり優秀!?「医薬部外品」のコスメとは?

07

スキンケア・アイテムなどのパッケージでよく目にする「医薬部外品」という言葉。でもこれってどういう意味か、はっきりと分かりますか?

まずスキンケア製品には、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3種類の分類があります。

「医薬品」とは文字通り、「薬」として治療のために使用されるもの。お医者さんに処方してもらうもの(医療用医薬品)から、市販されているもの(一般用医薬品)まであります。

では「医薬部外品」とは?

これはちょうど医薬品と化粧品の中間に位置するもので、「医薬品よりは効果は緩やかだが、(単なる化粧品とは違って)何らかの予防や改善効果がある」と薬事法で認められたものなのです。つまりは「薬用化粧品」ってこと。

医薬部外品と認められたコスメのみ、「肌あれ・あれ性」「にきびを防ぐ」「肌を整える」「皮膚を保護する」「メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ」などの効能・効果記載ができるので、敏感肌への有効成分がきちんと配合されているんだなって安心できますよね。

しかも医薬品よりも成分がゆるい分、日常生活に取り入れながらお肌を常にケアできる、とも考えられます。病気の治療ではなく予防発想、ということです。

トラブル肌だからって、キレイになりたい気持ちを抑えるのは損した気分。だからこそ、優秀でお役立ち度満点な「医薬部外品コスメ」をめいっぱい活用して、お肌もココロも上向きになっちゃいましょう!