ビサボロール

ビサボロールとは、ジャーマンカモミール(カモミールジャーマンも同じ)の花より抽出した精油に含まれる有効成分で、α-ビサボロールとも言われます。カモミールは薬効の高いハーブとして有名で、代表的な品種の一つがジャーマンカモミールです。もう一つの代表品種であるローマンカモミールよりも抗炎症作用、抗アレルギー作用が強く、心よりも身体への効果が高いとされています。なお、ビサボロールは粘りのある透明な液体(白〰淡い黄色)で、フルーティーな香りが特徴的です。

ビサボロールには様々な働きがありますが、下記のものが代表的です。

消炎作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用
*一番代表的な働きは、肌のトラブルを解消する働きです。
穏やかな静菌作用、防腐作用
*この作用を生かして、製品の変質を防ぐ目的で配合される場合もあります。
メラミン生成抑制作用
保湿作用

ビサボロールは肌への刺激が少なく皮膚副作用がないため、安全性が高い成分です。多くの敏感肌用の化粧品に配合されていますが、微量で効果を発揮することから一般化粧品にも幅広く使われています。期待できる効果は、次のようなものです。

肌荒れ防止
肌の炎症を改善し、健康な状態に近づけてくれます。ニキビやアトピーにも効果があります。
美白効果
しみ・そばかすに効果があります。
しわの改善
保湿効果があり、皮膚を健康な状態へ戻そうとする働きがあるため、しわの改善にも期待できます。