ヒメフウロエキス

ヒメフウロエキスとは、ヒメフウロという植物の全草から抽出したエキスです。ヒメフウロは、「医者いらずの薬草」と言われ、昔より痛みどめや整腸剤として利用されてきました。漢方薬では「猫脚印」(ビョウキャクイン)という生薬の原料です。その有効成分は、タンニン、フラボノイド、ポリフェノール、クエン酸などで、収れん作用、治癒促進作用、止血作用などが有名です。なお、ヒメフウロはもともと一部の地域にのみ自生していましたが、最近では都市の道路脇などでも見られるようになりました。

ヒメフウロエキスには「トリプターゼ阻害作用」があることが有名です。トリプターゼとは、たんぱく質分解酵素であり、光老化(紫外線を防御しようとし、結果として起こる老化現象)を加速させる働きをします。つまり、トリプターゼの働きを阻害することは、肌の光老化を遅らせることにつながるのです。

ヒメフウロエキスは、肌の様々な光老化現象の進行を遅らせてくれますので、次のような美肌効果が期待できます。

しわの予防
光老化は、真皮層にあるコラーゲン・エラスチンの変形や分解を招きます。そして肌の表面が乾燥していると、それがしわにつながります。一般的な、保湿によるしわ対策に比べ、根本的なしわ対策として、その有効性が実証されています。
弾力・ハリの再生
コラーゲンの分解が抑制されるので、肌が真皮から潤います。
しみの改善
トリプターゼには、メラニン色素の沈着を助ける働きもあります。よって、根本的なしみ対策としても効果があります。