グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kとは、「甘草エキス」に含まれる有効成分の一つです。甘草エキスとは、マメ科植物である甘草の茎や根から抽出したエキスで、高い緩和作用や消炎作用があり、古くから様々な症状に効果のある漢方薬として用いられてきました。甘草エキスの代表的な成分の1つ「グリチルリチン酸」は、水に溶けにくいという性質があります。そのため、カリウム塩の形にした水溶性のグリチルリチン酸2Kが、医薬品や化粧品等によく用いられています。なお、グリチルリチン酸ジカリウムと表記される場合もあります。

グリチルリチン酸2Kの主な働きは、「抗炎症作用」「抗アレルギー作用」「殺菌作用」です。よって、様々な医薬品をはじめ、化粧品、育毛剤などに幅広く使われています。化粧品の場合は、敏感肌用やニキビ肌用の化粧品によく配合されており、育毛剤の場合は、頭皮の炎症やフケ・痒みを抑え、髪が育つ環境を整えるという目的で配合されていることが多いようです。

  

グリチルリチン酸2Kが配合された化粧品の効果としては、

  • 荒れがちなお肌を整える
  • アレルギー症状を抑える
  • ニキビの炎症を抑え、予防にもなる

という点が挙げられます。通常の化粧品で肌トラブルを起こしてしまう人にとっては、まさに嬉しい期待がもてる化粧品だと言えるでしょう。

なお、グリチルリチン酸2Kはステロイドと同じような働きをしますが、ステロイドほど即効性はなく穏やかに作用します。副作用が全くないわけではありませんが、薬事法で化粧品への配合比率が決められているため、認可されている化粧品で副作用を発症するケースはほとんどないと考えてよいでしょう。