超敏感肌なのに、コスメマニアな管理人が、
独断と偏見で勝手に選んだ美白化粧品口コミランキング

シミ完全撲滅への戦いコラム

美白化粧品は価格よりもコスパが重要

美白化粧品に限らず、スキンケアグッズは値幅が大きいですよね。同じ「美白美容液」といっても、数百円から数万円まで。いったいこの違いはどこにあるのでしょう?その差は、そのまま効果に現れるものなのでしょうか?

いいえ、違います。価格=効果とは、必ずしもならないのが、化粧品業界のウラ事情なのです。大手ブランドメーカーが、そのステータスを保持するため、あえて価格設定を高めているのはご存知ですよね?

その他にも、宣伝広告費にも大きく費用が掛かることや、人件費、輸送費もご想像がつくところですね。これら以外にも価格に反映されるものを調べてみました。

・開発研究費
・特許取得やライセンス取得費用
・原材料に関わる費用
・パッケージデザイン製造
・百貨店などの小売販売利益

まだまだあるのでしょうが、いかがでしょうか?これをザックリと見た時、「プチプラ」コスメがもてはやされる理由も分かる気がしますね。しかし!プチプラにも落とし穴が!

あまりにも安価な美白化粧品は、なぜその値段で利益を出しているのでしょう?考えられることを、書き出してみました。

・研究開発費の削減
・人件費の削減
・宣伝費用の削減
・パッケージの簡略化
・使用成分の簡略化、および安価な原料
など。

歓迎される面と疑問を感じる面が出てきました。中でも研究開発と原料の費用をカットされているとしたら、はっきり言ってイヤです!

さて、ここでもう一度経済学の授業です。コストパフォーマンスと価格の違いを、おさらいしましょう。

価格:商品をいくらで売るのかを定めた値段です。
コスパ:費用に対して上回る能力がある時、「コストパフォーマンスが高い」、その逆を「コストパフォーマンスが悪い(低い)」と表現します。

つまり、同じ値段でも、内訳でどこのセクションに費用を掛けているかで、コスパは変わってきます。効果がいまいちな美白化粧品と、しっかり効果が実感できる美白化粧品が、同じ値段で売られていたら、あなたはどちらを選びますか?