超敏感肌なのに、コスメマニアな管理人が、
独断と偏見で勝手に選んだ美白化粧品口コミランキング

シミ完全撲滅への戦いコラム

正直、美白化粧品はどれくらいで効果があらわれるの?

正直、美白化粧品はどれくらいで効果があらわれるの?

美白化粧品に求める「効果」を、ここでもう一度おさらいしておきましょう。あなたは美白化粧品で、肌表面にくっきり出ている濃いシミを、消しゴムのように消すことができるとお考えですか?

もしそうだとしたら、それは間違った認識です。出来てしまったシミを完全に消すのは、皮膚科での治療になります。美白化粧品は、メラニンの生成を抑えたりシロチナーゼを不活化させる働きをするので、シミ予防を目的としたスキンケアなのです。

とはいえ、別の角度からのアプローチで、できてしまったシミに対処する方法があります。「要らないものを捨てられる肌作り」です。正常なお肌は28日のサイクルで、細胞が生まれ変わります。皮下のメラニンが表面に浮き上がってきて、最後に剥がれ落ちるのです。

このサイクルを徹底して取り戻すことで、出来てしまったシミも徐々に薄くなるタイプの製品もあります。加えてビタミンC誘導体などの抗酸化作用・抗炎症作用のあるものも、肌理を整えるために大変有効です。

ちなみに、「お肌の漂白剤」と言われて一部で使われているハイドロキノンですが、敏感肌やゆらぎ肌の人にはあまり強くはお勧めできません。理由は、一般的に刺激が強く、健常肌の人からも「使用3日目で肌が粉を吹いた状態になった」「ヒリヒリして使えない」などの話を聞くことがあるからです。

しかし最近は敏感肌用のドクターズ・コスメから、より安全性に考慮してハイドロキノンを配合している製品も発売されています。そのためこのサイトでは、基本的に「敏感肌用」としている美白化粧品(ハイドロキノン配合製品も含む)を取り上げ、ご紹介していきます。しかしユーザー各人としても、美白成分に対するあるていどの知識は、自衛のために必要な時代だとお考え下さい。

さて、話は戻って、出来てしまったシミに対する対処法は・・・

・これ以上メラニンを作らせない
・ターンオーバーを正常化して、少しずつ剥がれるのをサポート

これらを根気よく進めて、最低でも28日間は様子を見てください。シミが現状より増えず、出来ているシミの色が少しでも薄くなってきていたなら、それは美白効果が出ていると判断してよいでしょう。