超敏感肌なのに、コスメマニアな管理人が、
独断と偏見で勝手に選んだ美白化粧品口コミランキング

シミ完全撲滅への戦いコラム

強めのパッティングでシミができるかも!?

美白化粧品に限らず、化粧品メーカーは化粧水をお肌に与える時、「コットンにたっぷり含ませ、丁寧にパッティングしてください」と説明していませんか?しかし、そこには加減が書いてありません。

人によって解釈は様々なので、しっかり成分をお肌に入れたいという思いで、強く何度もパッティングしてしまうことも。また、手のひらを使う時も、パンパンと肌に「喝」を入れる勢いで、叩きまくっていたり・・・

もし、あなたがそのようなことをやっているとしたら、今すぐに止めてください。その刺激がシミの原因になってしまうからです。


●パッティングの刺激で、メラノサイトが反応
肌表皮が刺激を受けることで、メラノサイトにSOSが届き、メラニンを生成させてしまいます。美白どこではありません。

●コットンの毛羽が肌にダメージ
コットンで何度もパッティングすることで、表面が毛羽立ちお肌の毛細血管にダメージを与え、内出血を起こさせて「赤ら顔」になります。傷ついた毛細血管にメラノサイトは反応して、ここでもメラニンを作り出します。

●敏感肌にパッティングはハード
パッティングの刺激は、肌の表面の潤いを乱します。乾かしたり濡らしたりを、短時間で繰り返すことにもなり、結果、乾燥肌への加速が進みます。


どんなに高価な美白化粧水や、良質な成分を含んだ美白美容液でも、正しい使用方法を知らなければ、自らシミを作ってしまう・・・それでは、本末転倒ですよね。

特に、ゆるぎ肌や年齢肌、敏感肌でお悩みの人は、今すぐ脱・パッティング!優秀な成分を使った化粧品は、お肌が成分を吸い込んでくれるものです。