超敏感肌なのに、コスメマニアな管理人が、
独断と偏見で勝手に選んだ美白化粧品口コミランキング

シミ完全撲滅への戦いコラム

シミのタイプ別で選ぶ撲滅方法

シミのタイプ別で選ぶ撲滅方法

美白をお考えのあなた、シミには種類があり、その種類によって美白成分の有効性が違うってご存じですか?あなたのシミにはどの成分が必要なのか、また、予防美白にはどれを使えばいいのか、タイプ別に分けてみました。


・老人性色素班
 経過形状:「シミ」のイメージといえばこれが一般的。加齢と共に徐々に浮かび上がり、次第に濃くなります。大きさはまちまち。ダイレクトに紫外線を受けてきた箇所からでき始めます。
 美白成分:フラーレン、APPS、ハイドロキノン、ヒアルロン酸
 ポイント:経年しているシミは、完全には消えません。予防、早期対策が美白ケアになります。

 

・炎症性色素沈着
 形状経過:キズやニキビ跡がシミになったもの。お肌の新陳代謝が正常ならば、徐々に剥がれ落ちます。しかし、ターンオーバーが乱れていたり、繰り返し同じ場所にできると消えにくくなります。
 美白成分:ビタミンC誘導体、カモミラET、プラセンタエキス、フラーレン
 ポイント:いわゆる「傷跡」。同じ場所に繰り返し作らないことが悪化を防ぎます。

 

・肝斑
 経過形状:女性ホルモンと関係していると言われ、大きな特徴は左右対称にできること。薄ぼんやりとした、割と大きな影で、色も茶色やグレーなど、その人の持つ色素の濃さで違って見えます。
 美白成分:トラネキサム酸、APPS、フラーレン、コウジ酸、エラグ酸
 ポイント:こすると悪化します。肝斑と他のシミを間違えてレーザー治療をすると悪化した報告もあります。

 

・ソバカス
 経過形状:主に遺伝が関係しており、子供の頃から現れたり薄くなったりします。特に色が白いと目立ちやすい傾向にあり、紫外線を浴びると濃くなります。鼻の周り、頬骨の上を中心に、点々と散らしたような形状です。
 美白成分:ビタミンC誘導体、マグノリグナン、フラーレン、アルブチン
 ポイント:遺伝子要素が高いとはいえ、紫外線対策が一番の美白ケアとして有効です。また、放置しているとそれぞれが繋がって、大きなシミになります。


以上、美白化粧品で対応できるシミについてでした。「花弁状色素斑」「脂漏性角化症」については、皮膚科での治療をお勧めします。