超敏感肌なのに、コスメマニアな管理人が、
独断と偏見で勝手に選んだ美白化粧品口コミランキング

美白成分豆知識

アルブチン

こちらも割と耳慣れた名前ではないでしょうか?「よく分からないけど、アルブチンが入っていると美白美肌効果が高そう」、そんな感覚で使っている人も、中にはいるのかも。では、アルブチンとはなんでしょう?どうして美白に良いと言われるのでしょう?くわしく調べました!


●アルブチンとは?

アルブチンとは、天然型フェノール性配糖体で、コケモモ、サンタベリー、梨やウワウルシなどの植物に含まれる成分です。アルブチンには先発のβ-アルブチンと、後発のα-アルブチンの2種類が存在しています。(植物由来ではない、合成のアルブチンもあります)

有用性では、後発のα-アルブチンの方がβ-アルブチンより、肌へのなじみが良いとされています。

さて、このアルブチンを研究開発して、「美白成分」として厚生省の認可を得たのは、資生堂でした。1989年、美容界は積極的な美白効果のある成分を求めていたため、一躍その名前が知れ渡るところとなったのです。

その後、江崎グリコが独自酵素を使って、α-アルブチンの量産に世界で初めて成功。現在国際特許出願中です。


●アルブチンの働き

・チロシナーゼ酵素活性化の抑制
・メラニン色素除去効果


●アルブチンの効果

「お肌の漂白剤」と言われるハイドロキノンですが、そのまま使用するにはどうしても刺激が強すぎました。しかし葉っぱに含まれているハイドロキノンの配糖体β-アルブチンが発見・実用化されました。その後、ブドウ糖とハイドロキノンをα結合させたα-アルブチンが登場。

どちらもお肌への刺激は格段に軽減され、浸透後のハイドロキノンとしての働きは、満足のいくものとなりました。アルブチンができたことで、敏感肌の人も高機能美白が可能になったと言われています。

・美白
 メラニンの過剰な生成を抑制し、できてしまった色素沈着にも、色素除去作用で効果が期待できます。