超敏感肌なのに、コスメマニアな管理人が、
独断と偏見で勝手に選んだ美白化粧品口コミランキング

美白成分豆知識

ハイドロキノン

「お肌の漂白剤」や「美白、最後の砦」などと言われるハイドロキノンですが、あなたはもう使ったことがありますか?美白に興味を持った人なら、このハイドロキノンという成分をあちこちで見かけるようになると思います。

そのくらい有名な美白成分なのですが、それだけに注意点もたくさん!ハイドロキノンを使用する際、より一層の知識を身につけることが、あなたのお肌を守ります。


●ハイドロキノンとは?

非常に高い美白作用があることで有名ですが、日本では医師のみが扱える「薬品」でした。2001年の薬事法改正により化粧品の「成分」としてメーカー責任で使用することが可能になり、その美白成果から一気に認知度が上がりました。

ハイドロキノンの美白作用は、メラニン色素を還元して色を薄くしていく効果があり、「お肌の漂白剤」と言われる要因となっています。他にも、メラニン色素の元になるチロシナーゼ酵素の活性化を阻害するパワーは、アルブチンなどの100倍と言われています。

さらに、メラニンを作り出すメラノサイト細胞にも作用して、機能を低下させます。この3つの美白作用が相乗効果をもたらし、シミにアプローチするので、即効性にも優れた成分なのです。

ところが、このハイドロキノンは、非常に不安定で、酸化しやすい弱点を持っています。ですから保管管理に注意が必要ですし、肌でも酸化するので、ハイドロキノンを使っている時は紫外線を必ずブロックしなければ、逆にシミを作ってしまいます。

このように諸刃の剣のようなハイドロキノンですが、最近はその弱点をカバーした「新型」「安定型」と呼ばれるハイドロキノンが登場しています。それでもやはり、注意点として同じ文言が記載されています。


●ハイドロキノンの働き

・チロシナーゼ酵素の活性化抑制、および阻害作用
・メラノサイト細胞の機能低下作用


●ハイドロキノンの効果

なんといっても、他の追随を許さない即効性と高い美白作用でしょう!しかしその分、刺激も強く、使用できるお肌のコンディションが限られています。敏感肌の人は、慎重にパッチテストを行い、使用中も経過観察を冷静に見極めてください。

・美白
 即効性を求める美白をお望みの人には、肌状態によりますが、第一選択肢となります。目で見えるシミに対して効果的なのが魅力ですね。