超敏感肌なのに、コスメマニアな管理人が、
独断と偏見で勝手に選んだ美白化粧品口コミランキング

美白成分豆知識

ルシノール

ルシノール?どこかで聞いたことがあるような・・・そんな感じの成分名ですよね。ルシノールとは何なのか?美白との関係はどうなっているのか?実は、美白成分の中でも、たぐい稀な実力の持ち主だったルシノールの詳細を、ここに明記しますよ!


●ルシノールとは?

ルシノールとは、大手化粧品メーカーであるポーラが、研究開発した「メラニンロック」機能で、美白を実現する成分です。1998年に厚生労働省から「美白成分」として、医薬部外品の認可を受けて安全性も確認されています。

ルシノールの一般名称は「4-n-ブチルレゾルシノール」といい、シベリアモミの木から発見された成分が、ヒントになったものでした。「ルシノール」は、ポーラの商標名です。

美白作用は、幾つかの段階に分かれていますが、ルシノールはメラニン色素を生成するチロシナーゼ酵素を無効化します。具体的にはチロシンという物質が、チロシナーゼ酵素に合体できないよう、チロシナーゼ酵素の穴をルシノールが埋めてしまうのです。

ですので、ポーラではこの働きを「メラニンロック」と呼んでいるそうです。なんだか花粉症の鼻炎薬のCMイメージみたいですね。


●ルシノールの働き
・チロシナーゼ酵素活性化の阻害作用
・高浸透作用


●ルシノールの効果

美白には予防効果と、できてしまったシミ対策効果の2つがありますが、ルシノールはシミ予防成分として強い優位性を発揮しています。今後は、ビタミンC誘導体との相乗効果を期待されているそうですよ。

・美白
 皮膚科で処方されるハイドロキノンに過剰反応してしまう敏感肌の人へ、ルシノールは代替薬として出されることもある成分です。「守り」のルシノールと覚えておくと良いでしょう。