超敏感肌なのに、コスメマニアな管理人が、
独断と偏見で勝手に選んだ美白化粧品口コミランキング

美白成分豆知識

TXC(トラネキサム酸セチル塩酸塩)

TXCって、なんだか恐竜の名前みたいですね。しかし、このTXCは、あの世界で有名な「CHANEL(シャネル)」が、開発した成分だってご存じでしたか?そんなTXCについて調べてみました!


●TXCとは?

TXCとは、トラネキサム酸セチル塩酸塩の略称で、日本でも薬用美白成分として、厚生省の認可が下りています。TXCの大きな特徴は、シミの元となるチロシナーゼ酵素の活性化を抑制するだけでなく、阻害効果が高いことです。

シミになりかけている状況を解除して、何もなかった状態にまで戻す力があるということですね。

このため、シミをストップさせるだけでなく、メラニン色素の発生そのものを食い止めるため、広い範囲での美白が期待できるのです。また、抗炎症効果も高く、慢性的に現れている肝斑への効果も認められています。

外資系としては、日本で初めて「薬用美白成分」として、有効性が厚生省に認められた成分です。TXCが配合されている美白化粧品は、2011年発売のシャネル「ル・ブラン」でした。


●TXCの働き

・チロシナーゼ酵素活性化の阻害作用
・プラスミン生成抑制作用
・抗炎症作用


●TXCの効果

TXCは、優れた美白作用を持ち、慢性化したシミやソバカスに効果があります。またストレスで発生するプラスミンを抑制するため、関係のある肝斑にはお勧めの成分になります。

・美白
 チロシナーゼ酵素の活性化を止めて、シミにならないように阻害します。抗炎症作用があることで、できてしまったシミにも有効です。特に原因不明とされる肝斑に対しては期待が高く、女性ホルモンに影響しないで美白ケアができるのは、嬉しい効果ですね。