超敏感肌なのに、コスメマニアな管理人が、
独断と偏見で勝手に選んだ美白化粧品口コミランキング

美白成分豆知識

ビタミンC誘導体

ビタミンCは、美容や美白に欠かせない成分ですが、化粧品でよく目にする「ビタミンC誘導体」とはなんでしょう?ビタミンCと何が違うのでしょうか。ここではビタミンC誘導体について、徹底分析!


●ビタミンC誘導体とは?

ビタミンCは、美白成分として体内でメラニン色素ができるのを防ぎ、その抗酸化作用でコラーゲンの育成を助ける優秀な美容成分です。人間が体内で作り出せないので、補給する必要があります。

しかし、熱に弱く、肌に付着すると光毒性があり、状態も不安定で、肌からの吸収はできません。そのビタミンCを吸収しやすいようにしたのが、ビタミンC誘導体です。名前の通り、肌の保護膜を通過して、体内の酵素によってビタミンCに変化します。


●ビタミンC誘導体の働き

・抗酸化作用
・抗炎症作用
・メラニン色素抑制、および還元作用
・コラーゲン合成促進、およびセラミド合成促進作用
・皮脂抑制作用


●ビタミンC誘導体の効果

様々な美容健康効果があり、特に美白成分としては厚生労働省の認可を受けています。刺激の少ない成分ですので、敏感肌の人でも多く使われています。化粧品以外でも食品の添加物として認められている成分です。

・美白
 メラニン生成の元、シロチナーゼ酵素に働きかけ、シミが出来るのをブロックします。
・エイジングケア
 コラーゲンが作られるのを助けるため、シワや窪みを改善します。
・ニキビケア
 抗炎症作用、皮脂抑制作用で、ニキビが出来るのを防ぎ、できてしまったニキビの悪化を抑えます。